アロマテラピーとシルデナフィルでEDを改善

シルデナフィルには血行を改善して、ED(勃起障害)の症状を改善させる効果があります。
治療薬以外にもEDに効果が期待できるのは、アロマテラピーです。嗅覚は最も原始的な器官であり、香りによって体の様々な器官が反応します。この反応を利用して、EDの改善に役立てていくことが出来ます。
例えば、精神的なストレスやプレッシャーが原因で起こっている心因性のEDに対しては、リラックス作用の高いアロマを使うと良いです。
例えば、「ラベンダー」はリラックス効果が高い香りです。自律神経を整える作用があり、皮膚の炎症を鎮めてくれる効果もあります。また、不眠解消効果も期待出来ます。
聞き慣れない香りですが、シソ科の植物の「パチョリ」もEDに対して有効です。緊張をほぐす効果があり、さらに媚薬のような効果を発揮してくれます。精力増強におすすめの香りです。
「イランイラン」もセクシーな気分や幸福感をもたらしてくれる、おすすめの香りです。催淫効果が高く、フローラルな甘い香りが特徴です。ホルモンのバランスを整えてくれる作用もあります。
アロマテラピーといえば精油ですが、これを使う時には少量使うのがポイントです。効果を出そうとして大量につかってしまうと、刺激が強すぎてかえってストレスになってしまいます。
また、他の人がED治療に効果のある香りだからといっても、自分が好きな香りでなければ、ストレスのもとになってかえって症状を悪化させてしまうことがあるので気をつけましょう。
アロマを選ぶ時には、自分が好きな香りを選ぶことが重要です。リラックス目的だけであれば、特別特定の効果を持った精油を選ばなくても、好きな香りを選んでも構いません。