シルデナフィルの服用は医療施設で判断してから

シルデナフィルは現在、さまざまなところで入手できるようになっています。
処方箋を持って調剤薬局に行けば入手できるというのはもちろんですし、インターネットの個人輸入代行業者を利用すれば、海外から直接個人輸入をするというようなこともできるようになりました。
それによって、病院などの医療施設に行かずとも自己判断で服用することができるようになったのです。
これはある面においては歓迎できることですが、しかし同時に、非常に危険なことであるとして理解をしなくてはなりません。
ではどうして危険なのかというと、シルデナフィルには相応の副作用があるというのがその理由になります。
シルデナフィルはもともと、狭心症という心臓の病気を治療するために開発がスタートした医薬品でした。
結局のところ狭心症の改善作用はあまり見られなかったのですが、その際、被験者となった男性の多くが勃起不全の解消効果があるとして主張したのです。
それに着目して販売されるようになったのが今日のシルデナフィルですが、しかし目的が変わったと言っても、その医薬品としての成分が変わったわけではありません。
狭心症のために考えられた血管拡張作用はしっかり残っているため、例えば硝酸薬のように血圧降下作用を持つ薬と併用してしまうと、血圧が危険レベルまで低下してしまうことがあるのです。
また腎臓病や肝機能障害などの病気を発症しているという場合、シルデナフィルの成分が上手く排出できず、血中で以上に濃くなってしまうことが考えられます。
多少であれば問題はないとはいえ、もしそうした腎臓病や肝機能障害を患っているのであれば、まずは医療施設で服用が問題ないかどうかを判断してもらうべきです。
どれだけ手軽に手に入るようになったと言っても、シルデナフィルは気軽に使って良い医薬品ではありません。
その効果を最大限に実感するためにも、服用前には必ず医療施設で判断してもらってください。