リンパ管奇形の再発はシルデナフィルで治療可能

リンパ管奇形という疾患を耳にしたことがある人は少ないです。
日本でも珍しい病気となっていますが、この疾患と闘病している人がたくさんいます。
症状は程度や部位によって違いがあります。
顔に生じた場合には見た目を悪くし、美容を損ねます。
目の回りに生じたばあいには、視力障害が発生する可能性もあります。
珍しい病気と言うこともあり、日本では専門家が少なく、十分な治療を受けられない人がたくさんいるのが現状です。
治療方法は硬化療法です。
しかしこの治療法では再発が多いのが懸念されています。
そこでシルデナフィルがリンパ管奇形に悩む人に大きな効果をもたらすことが発見されました。
リンパ管奇形は、比較的珍しい先天性の血管奇形です。
したがって発生する部位によってはさまざまな臓器やその機能にも影響を与えます。
その結果美容状の問題や感染症の心配も出てきます。
現在リンパ管奇形に対して行われている治療法は、部分的には効果がありますが再発が多いのが問題です。
しかしシルデナフィルを経口投与することで、リンパ管奇形の進行を抑えることができます。
シルデナフィルは選択的PDE5阻害剤で、サイクリックGMPの破壊を防ぐ働きがあります。
このPRE5を阻害すると言うことは、血管平滑筋の収縮を減少させることにつながります。
その結果血管を拡張させます。
厚くなった筋繊維の収縮は、内圧を上昇させ、のう胞状の拡張を引き起こします。
シルデナフィルを単独療法やほかの治療法と併用して治療に専念することで、リンパ管奇形に有効な治療法になる可能性が高くなっています。
本来は男性の勃起障害を改善するための薬ですが、含まれている成分や働きがほかの病気の再発を防止する事に活用されています。